株式会社イシガミ

創業明治33年、近畿一円に20店舗を展開するイシガミ。商都大阪の中心部、船場にほど近い本社に織部美然メガネ部部長をお訪ねしました。

創業112年の個店重視

創業の明治33年は1900年、つまりは19世紀から続いているお店である。大和郡山で主に時計商として創業した。「今はクルマしか通らないちょっと寂しいとこなんだけど、充分成り立ってる。地域の人には知名度ありますよ。」と織部部長。昭和32年に尼崎に進出、今では奈良、大阪、兵庫に拡がっている。お店が100年を超えれば、三代続く常連さんもいらっしゃる。「大きなチェーン店に店舗数はかなわないけど、各々地域に定着はしてると思いますよ。」
地域に密着した今は、それぞれのお店、店長によるところが大きいと織部部長。「品揃えから展示まで、店ごとに結構違うんですよ。どっちかというと店長の持ち味が発揮される。本部でも資料とかを用意してこんな感じで出してくれとは言いますけど、店長ごとアレンジして。変じゃなければ特になにも言わず、個性を重視します。」

弱きを助ける

老舗店のお客様は幅広い。そのためか、障がい者や子供たちへも、暖かい目配りが聞かれる。「最近尼崎店をリニューアルしたのですが、ユニバーサルデザイン、バリアフリーにはこだわりました。」と織部部長。「それから、子供向け保証が手厚いのはそうですね。どうしても一番よく壊すから。」弱きを助けるのは当たり前という口ぶりで、これもまた、百年企業の懐の深さを感じさせる。

宝飾販売からも学ぶ

時計商から始まったイシガミでは、かつてはメガネとともに時計宝飾も扱う店舗が多かったが、今そうした兼業店は2店舗だけ。その代わり最近は、展示会等の催事でコラボするようにしているという。「コラボしながら、宝飾のお客様への接し方や説明の仕方を学んだり、良いものは取り入れたり。」

織部美然メガネ部部長
「宝飾品のような安心感を」

今度はメガネ部門だけでの展示会を考えています。宝飾部門に学んで、安心してもらうにはどうしたら良いか、長くおつきあいいただけるには、どうしたらよいか、一生懸命取り組んでいるところです。

株式会社イシガミ
〒541-0054
大阪府大阪市中央区南本町1丁目5-9
TEL 06-4964-8112
WEB http://www.ishigami-inc.co.jp/