株式会社ブレス

岡山県下に9店舗を展開するメガネのひらまつ。川沿いの白壁の町並みが美しい倉敷の本部に、平松胸次相談役、橋本文夫取締役社長を尋ねました。

高齢社会に応える

65才以上が3000万人を超えた今日、高齢者に応えることが大事だと平松相談役。「自分も団塊世代だから分かるけど、その人たちが喜ぶものを出さなきゃいけない。メガネなんて最高じゃないかと思う。団塊世代が定年したあとの日本で、残りの人生を豊かにするには良く見えるメガネは不可欠。見えるってことを適当でいいよっていうのは、お客様に対する冒涜だよ。」

本当に納得できるものを薦める

その点で、シニアに対して足りないものがあった、これまでのお店に反省がある、と平松相談役は続ける。「単純に横着しすぎてた。お客様本意の対応をしてなかった。それに気付かされた。まず実際にかけてもらって、判断してもらうしかないんだ。メガネというのは基本的には説明しないと分からない商品。安いものもたしかにあるけど、お薦めしたいのはこれなんですと。」それは、ビジョンライフサロンオリジナルレンズである、WILLISHを自分でも使ってからだという。「実際使ってもらうとわかってもらえる。自信を持ってそう言い切れる商品に出会った。だったら、その通りにお客様にも薦めるのが一番の親切だろうと。」

あらゆるものに興味を持ち

訪ねる前から、メガネのひらまつのホームページにも掲示されている経営理念の文中のあるフレーズが気になっていた。「私たちはお客様一人一人に満足して頂く為に、『あらゆるものに興味を持ち』、深い知識の習得と高度な技術を磨き…」の、「あらゆるものに興味を持ち」である。この一文を決めたのは橋本社長だとか。曰く「メガネのことだけじゃだめだと思った。どうせやるなら楽しまないと。」
それを聞きながら、かつてのソニー設立時、会社設立の目的の一番目に書かれた「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」の、自由闊達にして愉快なる、を思い出していた。こういう一文がさらりと採用されるあたりに、メガネのひらまつの伸び伸びとした社風を感じさせられた。

橋本文夫取締役社長
「お店で見て欲しいのはレンズコーナー」

メガネ店はたいてい表にフレームばっかり出すけど、レンズが大事でしょ、っていうことで、レンズをお客様に知ってもらおうと。階段とかゴルフのパッティングとかが体験できるように。まだ最近はじめたところなので、あと2年くらいかけて、まだまだ充実させないといけない。紫外線カットとかレンズの傷実験、とか、キットも置きたいね。

株式会社ブレス
〒710-0043
岡山県倉敷市羽島720-2
TEL 086-426-1550
WEB http://www.megane-hiramatsu.com/